本文へスキップ

受験対策!インテリアコーディネーター。

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターの仕事/インテリアコーディネーター 通信講座

インテリアコーディネーターの仕事

インテリコーディネーター住む人の個性、年代やライフスタイルを反映させた“快適な住空間”を実現させるために、インテリア商品を選択したり、インテリアコーディネート等について適切なアドバイスや提案を行なうのが仕事です。

美的感覚はもちろん、インテリア商品[家具、ファブリックス、照明器具、住宅設備等]に関する知識や、情報をストックしておく日々の努力も求められます。

顧客の要望を聞いたり、プレゼンテーション作業、現場などで人との関わりが多いので、人と接することが好きな人というのも大切な要件となります。

また、見積書や契約書作成など実務能力も不可欠な仕事であり、非常に業務内容が幅広い仕事といえます。


「毎日を心地よく暮らしたい」という思いは、誰でも持っています。心地よさの感覚は人それぞれですが、好みの色や素材を使ったり、自分の趣味や生活テーマを活かせる空間では気持ちよく過ごすことができます。

インテリアコーディネーターは「どんな風に暮らしたいか」をヒアリングし、住まい手のライフスタイルに合った”快適空間”を計画・提案します。

インテリアや住宅に関する幅広い知識・豊かな商品知識・専門的な技術などを駆使して、お客様の思い描く理想の心地よい住まいをトータルにプロデュースすることがインテリアコーディネーターの仕事です。



インテリアコーディネーターの仕事の流れ


以下は仕事の代表的な一例です。現在の住まいの雰囲気に合わせ、インテリア商品(照明、家具、カーテン等)の選択やアドバイスを行なう例もあります。インテリアコーディネーターは住まいを“快適な住空間”にするお手伝いをします。

ヒヤリング

お客様の家族構成やライフスタイル、趣味、予算等を聞き、住まい手のニーズを把握する。

プランニング

ヒアリングを元に空間をイメージし、全体の雰囲気やレイアウト、壁・床・天井、照明、家具などのカラーや素材のイメージプランを固める。

商品セレクト

最終的なイメージプランに沿った、内装材・設備機器・照明器具・家具・カーテンなどの商品を選択する。

プレゼンテーション

図面や立体モデル、カタログなどの資料を使い、イメージをビジュアル化してお客様に提案する。

お見積り

セレクトした商品等の見積書を作成し、お客様に提出する。

契約

インテリア商品決定後、契約する。

商品・素材の発注

商品を確認してショップやメーカーに発注する。(ショールームなどへ同行し、実際に確認してから購入することもある)

納品

注文した商品が届いているか確認し、家具などのセッティングをする。また、プラン通りに完成したか最終的なチェックを行なう。

アフターフォロー

不具合が生じないかの確認を行う。




インテリアコーディネーター通信講座

 通信講座 インテリアコーディネーター  

1日平均60分からの学習でOK。

通勤・通学、家事の合間やおやすみ前など、スキマ時間の積み重ねで一生役立つ資格が狙えます!